初心者のためのもやい結び(ボーラインノット)の結び方

もやい結びロープワーク

オールシーズン対応型寝袋 スリーピングッド

アウトドア好きな人ならよく聞く結び方だと思います。

実用性もかなりあり、船乗りなら覚えていることが常識とまで言われるほどの結び方なのです。

それほどよく使う結び方である、ということ。

ですが、もやい結びが何となく難しそう、覚えられないから適当に結ぶって人をよく見かけます。

そんな人の為に初心者でも解りやすく解説したので一緒に結んでいきましょう。

もやい結び(ボーラインノット)とは?

もやい結び

このような結び方のことを言います。

”もやう=舫う”と書き本来は船をビットなどに繋ぐことを言います。

一本のロープから簡単にアイ(輪っか)を作ることができ、引っ張る力に強い為解けにくいのが特徴です。

どこかに繋いでおきたい、ここに掛ける為のアイ(輪っか)を作りたい、そんな人の為の結び方です。

これは船だけの話ではなく、キャンプなどのアウトドアでも活躍する結び方であることに間違いはないですよね。

結び方

図の説明赤色の線(上側)青色の線(下側)

  1.  青色の線を下側にして輪っかを作る。
    もやい結び

  2.  1で作った輪っかに下側から入れる。
    もやい結び2

  3.  2で下から出したエンドを輪っかから出して赤の細いラインの下から通す。
    もやい結び3

  4.  2で通した輪っかに上から入れる。
    もやい結び4

  5. ピンクの〇を押さえて矢印の方向に引っ張る。
    もやい結び5

  6. 完成!!!
    もやい結び

最後に

コツを掴むまで練習あるのみなのがロープワークなのですがその際に言葉と一緒に覚えると忘れることが少ないのでオススメです。
輪っか→下→下→上のように言葉と一緒に覚えましょう。


皆さんもいろんな場面で役に立つので是非、結んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました