永久保証⁉Zippoのメリット・デメリットを解説

Zippo

喫煙場所が限られていく日本社会、喫煙者としては肩身が狭くなる一方ですよね。

電子タバコが普及していく中、Zippoが根強い人気を誇っているのはなぜなのでしょうか。

そこで私が実際使ってみての感想を書いてみました。

Zippoってなに?

簡単に説明すると、アメリカの企業Zippo社が製造するオイルライターのこと。

1932年創業の長い歴史を持っていることが特徴です。

Zippo社設立以来、3億2500万個以上生産され120か国以上で販売されているっていうからおったまげですよね。

オイルライターと言えば最初に思い浮かぶもの言えばやはりZippoですよね。

そんな世界的に愛されているZippoですが、なぜそこまで愛されているのか、使ってみてメリットデメリットを紹介していこうと思います。

メリット

  1. Zippo社で永久保証をしていること

    永久保証なんて言葉なかなか聞かない魅力的なサービスがついているのも特徴なんです。

    これが根強い人気の一つなんですよね~

    この時点で安心感が違う。ずっと使い続けることができるというのは一緒に年月を重ねることができるというもの。素晴らしい。

  2. まずお洒落に尽きる

    いろいろな素材のものが販売されていてノーマルタイプの物から純金でできたものまであるんです。真鍮でできたものは特に経年劣化で味が出てかっこよくなります。

    スーツにも合うんですよね。※喫煙所でクールぶって バシ!! と決めようと思っている人はオイル切れに注意してください。火が付かなかったときダサいです。

  3. ストレス無く使える

    100円ライターだと火をつけて風が吹くと火が消えてしまうことってよくあるんです。手を添えて火を守りながら、体でカバーしながらなど、何かと面倒ですよね。

    ですが、Zippoは風にも強くストレスなく火をつけれます。さすが世界が誇るオイルライターです。

  4. アウトドアにも使える

    家族や友人とバーべキューを楽しむとき、花火をしようとする時、100円ライターで熱い思い、若しくは火傷をしてしまったことってよくあるんです。

    そんな時は火をつけて地面に置いてください。

    持ちっぱなしではないため火傷の心配もありませんよね。

デメリット

  1. 100円ライターより値段が高い

    安いもので1000円からと少々高額なZippo。

    火をつけるためだけに1000円は高いと思うのは無理もないですよね。

  2. 無くした時のショックが大きい

    100円ライターをなくした時とは明らかに違う悲しみに襲われます。

  3. 手入れが手間

    そうなんですよ。こいつ中々手間のかかることかかること、、、

    フリント(発火石)がなくなれば入れてあげたり、オイルを足してあげたり、、、

    逆手にとれば手をかけて愛着が湧くんです。

まとめ


以上、メリットデメリットを紹介しました。

海ゴリは外で何かをすることが多いのでなかなか使えると思いました!

ショップによっては名前を彫ってくれたりイラストを入れてくれたりと世界で一つだけのZippoをてにいれることができます。

ペアのZippoもあったりと様々なバリエーションがあるのでプレゼントや記念品にいいと思います。

たばこを吸わない人も一度手に取ってみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました